2022.3.29

スクーが「変化の時代にいま、ビジネスパーソンが学ぶべき5つの学習領域」を提案

高度デジタル化社会に適応し、その先の持続可能社会に向けて社会課題解決能力を育む学びを提供

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を行う株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎、以下「スクー」)は、「時代にリンクした学び」を新コンセプトとして「ビジネス基礎力」「デジタルリテラシー」「AI時代の人間力」「リベラルアーツ」「デザイン力」という5つの学習領域を新たに定義し、大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo』にて5領域に紐づく授業コンテンツを提供します。

コンセプト刷新の背景

「人生100年時代」と言われる中、終身雇用の崩壊や急速なデジタル化によって従来の働き方やビジネスのあり方が大きく変化しています。そんな中、一人ひとりが自律したキャリアを形成し生き残っていくためにはリスキリングに代表される「大人の学び直し」が必須となっています。また、世界的なコロナ禍を経て、大量生産大量消費型の資本主義経済の限界が顕在化し、成長経済社会から持続可能社会にシフトしつつある今、ビジネスパーソンが公益への視座を持ち社会課題課題に向き合う力も新たに問われています。 

こうした変化の激しい時代の真っ只中において、ビジネスパーソンは、学習により自分自身の価値を高め続けることが不可欠です。今、何を学ぶべきかを迷っている全てのビジネスパーソンに向けてスクーは「時代にリンクした学び」を新たなコンセプトに、5つのテーマ領域に紐づく授業コンテンツを提案します。

参考:スクー公式note「デジタル社会への大転換、Schooが提案するいま学ぶべき5つのカテゴリ」
https://note.com/schoo/n/n583db9eaa871

新しい授業コンセプトと5つの学習領域

「時代にリンクした学び」をコンセプトに、「ビジネス基礎力」「デジタルリテラシー」「AI時代の人間力」「リベラルアーツ」「デザイン力」という5つの大きな授業領域を定義し、新しい学びのコンテンツを提供していきます。現在提供する7600本の授業も、この5つの領域に統合していきます。

 これらのスキルを統合的に身につけた時に、社会課題を原動力とする持続可能社会をつくり上げていく力が身につくと考えます。

4月に放送予定の各領域の代表授業は以下です。生放送は会員登録のみで無料で受講できますので、是非ご参加ください。


①「ビジネス基礎力」〜明日をサバイブする仕事力をつける〜
基本的なデジタルツールを活用する力、ロジカルシンキングの基礎、企画書の作り方、ビジネスライティングなど、ビジネスの現場で「いま」求められるベーススキルを身につけます。

<該当する授業の例>
4/19(火) 21:00-22:00 田中亨先生がみんなの悩みを華麗に解決する「今月のExcelテクニック」

▶︎授業URL:https://schoo.jp/class/5404
受講生のExcelの悩みを、Schoo人気講師田中亨先生が華麗なテクニックで解決する生放送授業です。
Schoo受講生のExcelに関する悩みや課題を事前に募集し、それを元に授業を進行します。

 

 

 



②「デジタルリテラシー」〜テクノロジーを使い価値を最大化する〜
デジタル社会ではインターネット上に存在するデータや情報を、判断・活用・探求していく能力が重視されています。テクノロジーを正しく活用し、必要な情報を見極め、論理的に思考し、新しい価値を生み出す力を身につけます。

<該当する授業の例>
4/4(月) 21:00-22:00 Tech 沸騰トピック「ステーブルコイン」

▶︎授業URL:https://schoo.jp/class/8888
ステーブルコインとは、価格の安定性を実現するように設計された暗号資産(仮想通貨)のことです。Web3の発展に必須のインフラであるステーブルコインについて基本知識を学び、新規事業創出や既存サービスとの統合、SNSでの発信のヒントをつかんでいきましょう。

 

 



③「AI時代の人間力」〜テクノロジー社会の人間の役割を磨く〜
社会のデジタル化が加速し、AIによる仕事の代替が進む中で、AI社会の人間の役割とは何か問われています。創造力や高度なコミュニケーション、不確実な問題への対応力、イノベーションを生む思考など、人間ならではの能力を磨きあげていく学びを身につけます。

<該当する授業の例>
4/14(木) 21:00-22:00 元NHKアナウンサーが教える「心が動く話し方」

▶︎授業URL:https://schoo.jp/class/8841
「話すのが苦手」という方に向けて、まずは押さえておきたい「話し方の基本」をお伝えします。「聞きやすく話す」「わかりやすく話す」ために、練習すれば誰でもできる話し方のテクニックをわかりやすくお伝えします。

 

 



④「リベラルアーツ」〜イノベーションの源泉となる力を育む〜
未来に向かったイノベーションを生み出す時に底力となる基礎学力を身につけます数学や自然科学からアート、歴史など、単純に広い知識を得るだけでなく、学ぶことを通じて問題解決のためのスキルや思考力、発想力を養います。

<該当する授業の例>
4/12(火) 20:00-21:00 パンデミック時代に向き合うための生命科学的思考

▶︎授業URL:https://schoo.jp/class/8904
「遺伝子検査で将来かかりやすい病気が分かったらどうすればいい?」「mRNAワクチン打ったら、自分の遺伝情報に影響する?」こんな問いに、みなさんは自信を持って答えることができるでしょうか。
この授業では、
・遺伝子解析でわかることとわからないこと
・遺伝子解析は私たちの生活をどう変えうるのか
・コロナワクチンの副作用と日本人の遺伝子の関係
などについて、お話しします。

⑤「デザイン力」〜アイデアを形に未来を創造する〜
アイデアを形にし社会を豊かにする「デザイン力」を身につけます。あらゆるスキルと掛け合わせることで、課題を解決し、自ら未来を創造する「デザインの力」が今、注目されています。授業では「モノ」のデザインから「コト」のデザインまでを網羅します。

<該当する授業の例>
4/27(水)21:00-22:00 デザイン基礎 −色の海〜センスは必要?−

▶︎授業URL:https://schoo.jp/class/8763
本コースは、WEBデザインやグラフィックデザインなど、デザイナーとして活躍したい方やデザインの基礎知識を身につけたいと考えていらっしゃる方に向け、デザインの基本をゼロから学んでいきます。
第3回目となる今回は、「色」について学んでいきます。
 

CCO(Chief Content Officer)滝川麻衣子のコメント

卒業や合格を目指す学生時代の学びとは違い、日々忙しい社会人からは「何を学べばいいか」「学び続けることが難しい」という声が多く聞かれます。では今、何を学ぶべきか。学び続ける動機は何かを問われた時に、私たちスクーは「変わりゆく時代にリンクした学び」こそが必要であり、「変化が激しく先行き不透明な時代に、学び続けることこそがセーフティネット」であるとご提案します。

「ビジネス基礎力」「デザイン力」「デジタルリテラシー」「AI時代の人間力」「リベラルアーツ」の5つの領域は、日々の生き抜くビジネススキル、データやデジタルの価値を最大化する力、AI時代の人間の役割、イノベーショションの源泉、未来を創造する力ーーを示しています。

時代の流れを捉えたスクーの授業にぜひ、触れてみてください。

株式会社Schooについて

「世の中から卒業をなくす」をミッションに、インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を進めている。大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』は2012年のサービス開始後、「未来に向けて、社会人が今学んでおくべきこと」をコンセプトとした生放送授業を毎日無料提供。過去の放送は録画授業として約7,600本公開中。法人向けには社員研修と自己啓発学習の両立を実現する『Schoo for Business』を提供し、学び続ける組織作りに貢献。登録会員数は約72万人、導入企業実績は2,400社を突破。
2014年から約20の大学・教育機関のDX化を支援。2021年9月には高等教育機関DXプラットフォーム『Schoo Swing 正式版』を提供開始。奄美大島と包括協定を行うなど、地方エリアへの遠隔教育普及によって実現する「未来の暮らし」の確立も進めている。

 

会社名 :株式会社Schoo(呼称:スクー)
代表者 :代表取締役社長CEO 森 健志郎
設立 :2011年10月3日
資本金 :1億円(資本金)
所在地 :〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階
事業内容:インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革
URL:http://corp.schoo.jp/(コーポレートサイト)・https://schoo.jp/ (個人向けサイト)・https://schoo.jp/biz(法人向けサイト)・https://pencil.schoo.jp/(オウンドメディア)・https://dx.schoo.jp/(高等教育機関向けサイト)

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

■株式会社Schoo PR担当:大金・森(実)

〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階
携帯電話:080-4625-4234(大金)・080-4949-5127(森) E-mail:pr@schoo.jp

■本プレスリリースのPDFデータはこちら 2022.03.29 1000_コンテンツ新領域_final