2021.8.25

社会人教育SaaSのスクーが、シリーズDで総額約7億円の資金調達を完了

人材採用やマーケティング投資により、更なるサービス向上と事業成長を実現

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を行う株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO兼CCO:森 健志郎、以下「スクー」)は、Bonds Investment Group株式会社をリード投資家として、インキュベイトファンド株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、鎌倉投信株式会社・フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、山口フィナンシャルグループ傘下の山口キャピタル株式会社から総額約7億円の資金調達を完了しましたことをお知らせします。

資金調達の背景と目的

スクーは「世の中から卒業をなくす」をミッションに、インターネット教育の普及によって「学び」の障壁を取り除き、全ての人が学び続けられる世界にすることを目指しています。

大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』は、2012年のサービス開始以降「未来に向けて、社会人が今学んでおくべきこと」をコンセプトとした生放送授業を毎日無料提供し、過去の放送アーカイブは約7,200本公開しています。個人と法人合わせての登録会員数は約65万人にのぼり、導入企業実績は2,000社を突破するなど、昨今のデジタル化の影響を受けて事業は急拡大を続けております。

 

今回の資金調達により、『Schoo』や2021年6月に提供を開始した高等教育機関DXプラットフォーム『Schoo Swing(β版)』のサービス向上のための人材採用やマーケティング投資を行い、更なる事業成長を目指します。また、地方エリアへの遠隔教育普及によって実現する「未来の暮らし」の確立も推進していきます。

パートナー投資家からのコメント

●Bonds Investment Group株式会社 パートナー 日野 太樹(ひの・たいき)氏

スクーはコロナ禍によるオンライン教育への追い風が見られる前から10年間かけて、学びの課題解決に向け挑戦してきた革新的スタートアップであり、我々もスクーのミッションに共感し、大きな社会課題にともに挑戦したいと思い投資させていただきました。

テクノロジーの進化や働き方・スキルの多様化、少子化、東京一極集中など国内における社会人教育~高等教育領域の課題が顕在化する中、教育分野のイノベーターとして、時間・場所・コストなど学びの障壁を取り除き、全ての人が学び続けられる世界の実現を目指すスクーに対し、今回ラウンドのリード投資家として我々BIGもコミットし、企業価値向上に貢献していきたいと思います。

●インキュベイトファンド株式会社 代表パートナー 和田 圭祐(わだ・けいすけ)氏

不確実性の高まりと健康寿命の長期化する現代社会の中で、一人ひとりが社会に出てからも長く学び続けていく必要があります。

スクーはその事業を通して、デジタル化時代の学習機会の最大化に貢献できるものと期待しています。「世の中から卒業をなくす」という創業以来のミッションの実現に向けて、これからも応援していきます。

●SMBCベンチャーキャピタル株式会社 投資営業第一部 次長 竹内 基紘(たけうち・もとひろ)氏

「世の中から卒業をなくす」というミッションに共感し、森社長の魅力的なお人柄にも可能性を感じ、かねてより投資をさせていただいておりました。

社会の変化が加速してミッションに共感いただけるお客様が急増し、これまで積み重ねたチーム・ノウハウ・コンテンツが花開く状況となっており、今回の資金調達において追加投資の形で成長促進の一翼を担わせていただくことは喜ばしい限りです。

さらなる飛躍を期待するとともに、弊社もこれまで以上にミッションの実現をサポートして参りたいと思います。

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 シニアインベストメントオフィサー 中澤 篤(なかざわ・あつし)氏

教育の現場はコロナウィルスの感染拡大により、大きく景色が変わりましたが、スクーは何年も前から大人の学び市場に着目し、森社長の圧倒的な熱量と胆力でマーケットを切り拓いてきました。

ビジネススキル、プログラミングから、経済、趣味、ライフスタイルに至るまであらゆるコンテンツを提供するスクーは単なる学習プラットフォームではなく、まさに未来の日本を作るスタートアップと言えます。

徹底的にユーザー目線に立ったUI/UX、緻密なオペレーションとコンテンツ制作力。これまで積み上げてきたアセットを武器にこれから描く大きなチャレンジに期待しています!

●山口キャピタル株式会社 マネージャー 吉村 秀幸(よしむら・ひでゆき)氏

個人スキルが重要視され、人材の流動化が進む社会トレンドの中で、リカレント教育の必要性はますます高まってきています。

そんな中、Schoo社のプラットフォームは、最先端の豊富な学習コンテンツをもとに受講者と講師が双方向でコミュニケーションできる仕組みを構築しており、継続性/満足度の高い学習体験を提供できている点が素晴らしいと感じております。

首都圏と地方の教育格差をなくし、日本中の誰もが楽しく学び続ける世の中を当社とともに実現するべく、地方展開の一翼を担っていきたいと考えております。

●株式会社Schoo 代表取締役社長CEO兼CCO 森 健志郎(もり・けんしろう)

今回の資金調達は“今”のスクーの成長速度を高めるだけではなく、“次”のスクーを作り上げる転換点だと考えています。10年前より社会人向けのオンライン学習コミュニティ『Schoo』の提供を通じて遠隔教育に取り組んできた弊社は、2021年6月、保有ノウハウを活用した高等教育機関向けDXプラットフォーム『Schoo Swing』を発表しました。弊社は今、『Schoo』を運営する会社から、「インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を行う会社」へと進化している真っ只中です。お預かりした資金で、その進化を加速させ、真っすぐに社会をより良い方向へ変革していきます。

株式会社Schooについて

「世の中から卒業をなくす」をミッションに、インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を進めている。大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』は2012年のサービス開始後、「未来に向けて、社会人が今学んでおくべきこと」をコンセプトとした生放送授業を毎日無料提供。過去の放送は録画授業として約7,200本公開中。法人向けには社員研修と自己啓発学習の両立を実現する『Schoo for Business』を提供し、学び続ける組織作りに貢献。登録会員数は約65万人、導入企業実績は2,000社を突破。
2014年から約20の大学・教育機関のDX化を支援。2021年6月には高等教育機関DXプラットフォーム『Schoo Swing(β版)』を提供開始。
奄美大島と包括協定を行うなど、地方エリアへの遠隔教育普及によって実現する「未来の暮らし」の確立も進めている。

 

設 立:2011年10月3日 

資本金:8億1300万円(資本準備金含む)

代表取締役社長CEO兼CCO:森 健志郎

本 社:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階

事業内容:インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革

URL:コーポレートサイトhttp://corp.schoo.jp/   個人向けサイトhttps://schoo.jp/

   法人向けサイトhttps://schoo.jp/biz      オウンドメディアhttps://pencil.schoo.jp

   高等教育機関向けサイトhttps://schoo.jp/dx

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

■株式会社Schoo PR担当:森(実)

〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階 携帯電話:080-4949-5127 E-mail:pr@schoo.jp

本プレスリリースのPDFデータはこちら2021.08.25_0900_シリーズD資金調達リリース