インタビュー – Norifumi | 株式会社スクー | 株式会社 Schoo(スクー)
24466
page,page-id-24466,page-child,parent-pageid-17736,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-9.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.1,vc_responsive

大学卒業後、プロダクトデザイン会社でコーポレートサイト制作を中心にエンジニアキャリアを開始。

その後、華やかさに惹かれ広告制作会社に移り広告サイト制作や賞取り用のコンテンツ制作などに従事。

その後、楽しさを求めスクーに参加。

とにかくこの会社の熱量はすざましい。「学習し続ける」ことの大切さに気づき、スクーは世の中に必要なサービスだと感じました。

以前は広告制作会社にいたのですが、クライアントから受注したものを作ることよりも、自社サービスを作るということに携わってみたくなったんです。そこから複数の企業に話を聞きに行っていたのですが、スクーはとにかく熱量が違ったんです。スタートアップですしコンセプトが学校ということも影響しているかもしれませんが、それにしても熱量がほかの企業と違いました。さらに代表の話を聞くと、ビジョンを達成させるための段階をきちんと考えている。エンジニアである以上、常に新しいことを学習しなければならないですし、学習し続けるということは当たり前のことだと思っていました。でも、それを会社のビジョンとして明確に言語化された時に、自分が思っていたことは一般的ではないんだと気づきました。そしてすごく腑に落ちたんです。きっと、エンジニアではなくても学習はし続けなければならないだろうし、そうであればスクーというサービスは世の中にとって必要なものなんだろうと。それで入社を決めました。

Web改修に加えスマホアプリ、社内向けツールを担当。新しいこと、楽しいと思えることにトライしていきたいですね。

Web改修に加えスマホアプリ、社内向けツールを担当。スタートアップにいる以上、仕事のプライオリティは常に変化し続けます。しかし、そのタスクをどのように処理するかは本人に任されています。自分は、仕事をする時はどんどん新しいことに挑戦したいですし、楽しいと思えることにもトライしたい。仕事をするにあたって、決まったことしかできない環境は避けたいなと思っていたのですが、スクーは何でも自由にできる。そういうところは自分に合っていると思いますね。

「そこまでしなくてもいい」のではなく、「最大限」を目指す。それが、ユーザーが使いやすいサービスを作る上で大切なことだと思っています。

スクーの開発チームでは2週間のスプリントで動いているのですが、タスクがその期間中に終了できると達成感があります。というのも、2週間は意外と短いんです。スピードだけを求めるのであれば、2週間で収まるように動くのでしょうが、それだと面白くありません。きちんとこだわって作っている上で、2週間で終わらせたい。だからこそ、達成感を得られるのだと思います。自社サービスの開発は、自分が考えうる最大限のものを目指すことができます。ユーザーが使いやすいサービスにするにはどうすればいいのか。ユーザーの行動を予測して、どういった機能を追加すればいいのかをチームで検討して、実装する。そしてデータを検証してみる。その繰り返しです。「そこまでしなくてもいい」ではなく、「最大限」を目指したい。そのために今何ができるのかを常に考えていますね。

DSC5749

スクーのサービスを社会のインフラとして当たり前の存在する。それが一番の成功だと思っています。

スクーのサービスを電気・ガス・水道と同じく世の中のインフラにしたいです。当たり前の存在になるのが、一番の成功だと思っています。そのために自分ができることはいろいろとあると思いますが、自分が楽しいと思えることをしたいですね。例えば、インフラにするために他のサービスとどのような差をつければ良いのか。学習の新しい体験を提供するという方向で何かできないだろうか。学校に通えない人もいるだろうからバーチャル教室を作ることはできないだろうかなど、インフラ化を実現するためにはどういった手段が必要になるのかを、常々考えています。

_DSC5811

インタビュー

Hiromitsu

インタビュー - Hiromitsu

スクーのビジョンは直感的に「これだ」と思えるものでした。いかに最短・最速で実現させることができるかを、常に考えています。

取締役 CTO

Masahiro

インタビュー - Masahiro

スクーのサービスで、 一人でも多くの人を幸せにしたい。それが自分の生きる意味だと思っています。

サービス開発ユニット リーダー

Norifumi

インタビュー - Norifumi

とてつもない熱量を持った人が集まっているスクー。この会社のサービスを社会のインフラにしたい。

サービス開発ユニット リードエンジニア

Takuya

インタビュー - Takuya

スクーのサービスから得られる臨場感や熱量で、 一人でも多くの人の人生を変えていきたい。

サービス開発ユニット

Naohito

インタビュー - Naohito

「インターネット学習で人類を変革する」。このビジョンが実現したらすごい、そして実現させたいと思えました。

サービス開発ユニット

Tomofumi

インタビュー - Tomofumi

「やられた!」と思ったスクーのビジョンとミッション。スクーは社会の原動力になると信じています。

サービス企画ユニット プロダクトオーナー