インタビュー – Naohito | 株式会社スクー | 株式会社 Schoo(スクー)
24475
page,page-id-24475,page-child,parent-pageid-17736,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-9.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.1,vc_responsive

福井生まれ。大学にて工学を学んだ後、再度デザインを学び直す。広告制作会社にデザイナーとして入社。

広告サイトなどリッチコンテンツの制作を行ううちに肩書がエンジニアになる。

徐々にサービス開発に興味を持つようになり、スクーに参加。

スクーのビジョンを聞いた時、本当に実現したらすごい、そして本当に実現しそうだなと思えたんです。

スクーに入社する前は広告会社にいました。受託案件で作ったものは、世の中に出したらそれ以上手を加えることは難しい。あそこはああすれば良かったな、と思っても後から直すことはできません。また、キャンペーン期間が終わったらそれまで、という仕事が多かったんです。次第に、いいと思ったら改善の手を加えることができるようなサービスをつくる側にいきたいと思うようになりました。それを機に、いろいろな会社を見て回りました。その中でスクーの代表に会った時、はっきりとビジョンやミッションについて語られたんです。その内容を聞いて、このビジョンは本当に実現するのではないか、実現したら本当にすごいことだと思ったんです。さらに、実現しそうな雰囲気も感じました。そう感じられたのは、スクーだけだったんです。それが一番大きかったですね。

「Schoo」の新機能の開発を担当。仕事がしやすい環境の中で試行錯誤しています。

サービスの新機能を中心に開発をしています。最近ですと、「プレミアムプラスプラン」のノート機能などを開発しました。
今の環境はすごく仕事がしやすいですね。エンジニアの裁量に任せられている部分が大きく、開発についてはエンジニアサイドで自由に試行錯誤しながらできるのが自分にフィットしていると思います。

_DSC6892

サービスを俯瞰して見て開発プロセスを考えることができる。そしてそのプロセスで実際に開発できることにやりがいと幸せを感じます。

サービス開発のプロセスや、チーム自体を自分達で作っていくという感覚があることがやりがいにつながっていますね。
決まったものをただ上手く作るだけではなく、「そもそも何を作るべきなのか」「どうやったら使いやすくなるのか」「どうしたらユーザーは使ってくれるのか」などまで考えることができる。つまり、サービスの一部分ではなく、全体を見た上で一つの機能を考えることができるので、今まで知らなかった、やってこなかったことにも触れる機会が多く、楽しいです。そして深く考えたものをエンジニアとして自分で実際に作ることができるというのは、とても幸せな状況であると思います。作ったら終わりではなく、結果を踏まえさらに考え、改善していくことで、もっといいものにできる。終わりがないというのはしんどそうにも見えますが、そこにもやりがいと幸せを感じています。

まずはスクーのビジョンを本当に実現させること。そのために必要な能力は率先して取り入れていきたいです。

入社の決め手となったスクーのビジョンを実現させたいですね。そのために、サービス全体のことを考え、作るという視点で働いていきたいです。スクーのビジョンを実現させるための手段として自分が活かせる能力がプログラミングであると思っています。プログラミングを始め、もっとほかの能力も必要なのであれば率先して取り入れていきたいですね。

Naohito

インタビュー

Hiromitsu

インタビュー - Hiromitsu

スクーのビジョンは直感的に「これだ」と思えるものでした。いかに最短・最速で実現させることができるかを、常に考えています。

取締役 CTO

Masahiro

インタビュー - Masahiro

スクーのサービスで、 一人でも多くの人を幸せにしたい。それが自分の生きる意味だと思っています。

サービス開発ユニット ユニットマネージャー

Norifumi

インタビュー - Norifumi

とてつもない熱量を持った人が集まっているスクー。この会社のサービスを社会のインフラにしたい。

サービス開発ユニット リードエンジニア

Takuya

インタビュー - Takuya

スクーのサービスから得られる臨場感や熱量で、 一人でも多くの人の人生を変えていきたい。

サービス開発ユニット

Naohito

インタビュー - Naohito

「インターネット学習で人類を変革する」。このビジョンが実現したらすごい、そして実現させたいと思えました。

サービス開発ユニット

Tomofumi

インタビュー - Tomofumi

「やられた!」と思ったスクーのビジョンとミッション。スクーは社会の原動力になると信じています。

サービス企画ユニット プロダクトオーナー