インタビュー – Masahiro | 株式会社スクー | 株式会社 Schoo(スクー)
17741
page,page-id-17741,page-child,parent-pageid-17736,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-9.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.1,vc_responsive

広島県出身。メーカーで組み込みソフトウェア開発に従事し、画像解析システムで特許を取得。

その後大手WEB系会社で自社SNSサイトから、ゲームプラットフォーム、投稿監査システムなど幅広い開発を経験。2015年10月にスクーへ入社。

趣味はボクシングだが、ありとあらゆる球技を苦手としている。著書「確かな力が身につくPython「超」入門」(SBクリエイティブ)

社員が一丸となってビジョンの実現に向かっている雰囲気に、自分はこういうことに飢えていたんだと実感。

ソフトウェアエンジニアになった時から、「新しいもの」「いいもの」を作りたいという気持ちを強く持っていました。と言っても、実は情報工学科に在籍していた大学生のころはプログラミングが好きではありませんでした。あまり面白味を感じていなかったんでしょうね。でも、研究室に入った時に初めて人が感じている“不便さ”を解消するシステムを作ったんです。システムというのは、実際に何かに困っている人の課題を吸い上げて解消するもの。それを作ることがすごく面白かったですし、この手で価値を生み出すことができたという実感が“ものづくり”をしていきたいという今の考えに根付いています。
スクーとの出会いは、前職の同僚が開発部門の責任者を紹介してくれたことからでした。その後、複数の社員の方と面談したのですが各々の人柄はもちろん、自分達が生み出しているサービスを「いいもの」であると信じて、目指すべきビジョンもちゃんとあって、そこに向かってやるんだ!という雰囲気がすごくよかったんです。自分はこういうことに飢えていたんだ!これが自分が求めていた場所なんだ!と言う衝撃を受けました。そのころ転職を考えていて、いろんな会社の話を聞きに行っていたのですが、一番衝撃を受けたスクーに入ろうと決めました。

部門間の橋渡しのような存在になることで、サービス開発ユニットが取り組んでいることを社内に知ってもらいたい。

ほかの部門の人が困っていること、課題に思っていることをヒアリングして、集約しています。また、サービス開発ユニットが現在何をやっているのか、あるいは今後何をやろうとしているのかを積極的に社内に発信しています。例えばキャリアマネジメントユニットは社内で最も法人のお客様の要望などを知っていますし、学習開発ユニットは授業の効果や体験について最も考えています。サービス開発ユニットは、それぞれのチームが考えていることや課題感を正しく把握することで、機能開発に生かしたり、新しく開発するものに対してほかのユニットの立場からフィードバックをもらったりすることが、スクーのサービスをより素晴らしいものにしていくために必要なことだと考えています。
さらにマネージャーとしてサービス開発チームの課題を解決するという役割も担っています。業務が発生した際、メンバーには考える余地がある状態で渡して、それぞれが考えて作った方がいいものができる、と考えています。開発は2週間をひとつのサイクルとしていて、振り返りをしながら進めるようにしています。2週間ごとに、チーム内の課題や2週間以内にできなかったことを明らかにして解決することで、チーム力を鍛えている最中です。

どれだけ多くの人にプラスの影響を与えられるか、メンバーが気持ちよく働ける環境をつくることがやりがいになっています。

課題が着実に解決していって、開発に集中できるようになっていることですね。後は、情報が届いていなかった人に届くようになったこと。これはサービス開発ユニットが現在何をやっているのか、定期的に社内に公開することで解消できたと思います。自分が成果を上げられなくても、サービスが良くなり、メンバーが気持ちよく働けるようになれば満たされますね。自分は縁の下の力持ちで十分だと思っています。自分は、どれだけ多くの人にプラスの影響を与えられたかの総量が、生きた意味だと思っていますから。

Masahiro

場所や時間の制約がないインターネットという特性を最大限に活かして、スクーのサービスを使って幸せになったという人を増やしたい。

スクーのサービスを成長させて、ビジョンを達成するために、エンジニアの責務は非常に大きいものであると考えています。ほかの部門から新機能の提案が出た際に、それを作るのがどれくらい難しいのか、あるいはそうでもないのか、エンジニアからフィードバックを行うことで、より短時間でいいものを作ることができる。そうやって全社員でタッグを組んで、スクーを伸ばしていきたいです。そのために、サービス開発メンバーからの情報発信と社内からの課題抽出が大事だと一貫して思っています。インターネットサービスの素晴らしいところは、場所や時間の制約がないところです。そのメリットを最大限活かして、スクーのサービスを使ったから幸せになった、という人を増やしたい。自分自身、教育を受けることができたから今の自分があると思っています。そういった機会をより多くの人に届けたい。それが自分の生きる意味だと思っています。

インタビュー

Hiromitsu

インタビュー - Hiromitsu

スクーのビジョンは直感的に「これだ」と思えるものでした。いかに最短・最速で実現させることができるかを、常に考えています。

取締役 CTO

Masahiro

インタビュー - Masahiro

スクーのサービスで、 一人でも多くの人を幸せにしたい。それが自分の生きる意味だと思っています。

サービス開発ユニット ユニットマネージャー

Norifumi

インタビュー - Norifumi

とてつもない熱量を持った人が集まっているスクー。この会社のサービスを社会のインフラにしたい。

サービス開発ユニット リードエンジニア

Takuya

インタビュー - Takuya

スクーのサービスから得られる臨場感や熱量で、 一人でも多くの人の人生を変えていきたい。

サービス開発ユニット

Naohito

インタビュー - Naohito

「インターネット学習で人類を変革する」。このビジョンが実現したらすごい、そして実現させたいと思えました。

サービス開発ユニット

Tomofumi

インタビュー - Tomofumi

「やられた!」と思ったスクーのビジョンとミッション。スクーは社会の原動力になると信じています。

サービス企画ユニット プロダクトオーナー