インタビュー – Kanako | 株式会社スクー | 株式会社 Schoo(スクー)
24488
page,page-id-24488,page-child,parent-pageid-17738,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-9.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.1,vc_responsive

大学卒業後、株式会社ジェーシービー入社。人事部に配属。3年の人事経験を経て、法人営業部へ異動し、

法人へのソリューション営業およびナショナルクライアントを中心としたアライアンス営業を担当。

2016年に株式会社スクーに入社し、動画学習を活用した法人へのソリューション営業に従事。

「ここはただの教育の会社じゃない」 社員一丸となってビジョンに向かっている様子を見て入社を決意。

新卒の頃からずっと別の業界にいたこともあり、実は転職活動をするまでスクーのことは知らなかったんです。前職で10年目を迎えた時に、もっとほかの会社を見てみたいと思い、これまでとは全く違う規模、業界への転職を決めたんです。その時、エージェントに登録をしたのですが、人事経験者ということもあって教育系のIT企業を勧められたんです。たしかに、「学ぶ」ということに興味はあるし、インターネットや動画というのも面白そうだなと。そんな時にちょうどスクーから声をかけてもらいました。
面接の前に、代表のインタビュー記事などをみてスクーについて調べていた時に、ここはただの教育の会社じゃないんだなと思いました。代表が言っていることのスケールが違う、と。そして、いざ面接を受けてみると、社員はみな魅力的でしたし、目指しているものが一致していたんです。これから社員一丸となってビジョンに向かっていく、ということを明確に感じました。また、女性が活躍している会社だったことも決め手の一つとなり、入社を決めました。スクーには若い社員も多いのですが、みんな考えに芯があるんです。話していてとても勉強になりますし、スタートアップだけあってスピード感も違う。まずはこのスピードに早く追いつきたいですね。

_DSC6402

いかにスクーのサービスの良さを知ってもらうか、自分の仕事はまずはそこからだと思っています。

企業や法人に向けて、学習コンテンツの共同生成の提案をしています。IT業界の企業の方はスクーのことは大体ご存知でいらっしゃるのですが、まったく違う業界の方にどうやってスクーの魅力を伝えていくか。実際にハイクオリティな授業を受けていただきながら、より多くの企業にアプローチしていきたいです。

企業の課題を解決に導くことが、今のやりがいの一つです。そしてそれがユーザーにとっても有益なものであるようにしたいですね。

さまざまな企業の課題を解決していくことがやりがいにつながりますね。この企業はブランディングを強化されたいのか、採用に力を入れたいのか、それにあわせて学習コンテンツを作り、課題解決に貢献できたら嬉しいです。その学習コンテンツがスクーのユーザーが抱えている課題も解決できるとなおさらやりがいを感じるでしょうし、それを目指していきたいです。

企業が持っているノウハウを展開することで、これまで得られなかった知識を提供したい。そして、多くの人に「学ぶこと」を通して人生は変わるということを知ってほしい。

事業推進担当として、スクーのビジョンを実現させたいです。スクーと、クライアントとなる企業・法人の橋渡し的な存在となり、クライアントが持っているノウハウを多くのユーザーに届けたいです。普段生活をしている中で、あまり関わりのない業界や企業がもっているノウハウを知る機会はあまり多くはありません。でも、それを知ることで今までとは違った知識を得ることができたり、別の視点からものごとを考えることができたりすると思うんです。それを、自身のキャリアなどに活かしてほしいですね。そうすることで、人の人生を変えていきたいです。
私自身、業務上必要な知識を得るために学んだり、興味があることを自発的に学んだりした結果、仕事の実績につながった経験があります。学ぶということが、人生のターニングポイントをつくったんだと思いました。それは、私だけではなく誰にでも起こりうることだと思います。学ばない、学びを続けないことで、そのまま死ぬのはもったいない。学びで人生を変えることはできます。ぜひそのことを多くの人に知ってもらいたいです。

_DSC6445-2

インタビュー

Yuya

「この会社で、この代表と一緒に世界を変えたい」。スクーがなければ起こりえなかったイノベーションを起こしたい。

取締役 CMO

Kensho

インタビュー - Kensho

ユーザーにとって「やさしい」サービスとはどのようなものなのか。スクーの原点である放送現場でその答えを追い求め続けたい。

学習開発ユニット ユニットマネージャー

Kanako

インタビュー - Kanako

「学び」は人生を変える。自分自身の経験がまさしくスクーのビジョンと一致していました。

キャリアマネジメントユニット ユニットマネージャー

Sakie

インタビュー - Sakie

スクーのサービスを「知ってて当たり前」のものにしたい。そして、この会社で生きていたという証を残したい。

キャリアマネジメントユニット シニアアカウントプランナー

Mayu

インタビュー - Mayu

サービスを社会のインフラにするためにあらゆるスキルを身につけたい。そして、スクーの社員になるという自らの決断を「正解」にしたい。

マーケティングユニット ユニットマネージャー

Eri

インタビュー - Eri

スクーの屋台骨となることで会社の成長を加速させ、一人でも多くの人にこのサービスを届けたい。

経営推進室 リーダー