2022.4.5

スクーCLOに古瀬康介が就任

組織の自発的学習を牽引し、企業の学び合いの文化醸成を目指す

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を行う株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎、以下「スクー」)は、4月1日付けでCLO(Chief Learning Officer:最高人材育成・組織開発責任者)として古瀬康介が就任したことをお知らせします。現在のCOO業務と兼務し、人材育成・組織開発の責任者として人材育成の仕組み作りをはじめ、組織として”学び合う“風土の醸成をリードしていきます。

当社は「世の中から卒業をなくす」というミッションを掲げ、11年間にわたり社会人の学びの場を提供してまいりました。ミッションの実現に向けて、社員自らが自発的に学び、組織内で学び合う文化を醸成することを自社で体現していきます。さらに「人が学び続けるには何が必要なのか」というプロセスや仕組みを社外に発信することで、社会や企業の学び続ける文化の醸成を支援してまいります。

株式会社Schoo 取締役COO兼CLO 古瀬康介  プロフィール

2000年 日本電気株式会社に入社。ポータルサイトの立ち上げや戦略・企画・運営を経験。2007年株式会社リクルートに入社。R25のWeb/モバイル事業の戦略・企画・開発を経験。2010年に同社住宅セクションにて、不動産ポータル「SUUMO」の戦略・企画・集客・ブランド・事業開発など、多岐にわたる業務を担当。分社化後、2017年株式会社リクルート住まいカンパニーの役員に就任し、プロダクトマネジメント部門の責任者として従事。2018年4月当社入社。2018年12月取締役に就任。

古瀬CLOのコメント

技術革新・社会変化のスピードが加速し、未来の予測が難しい時代に突入しました。このような社会では人に求められる能力も変わり続けます。そして同時に、「学び続ける力」が生き抜くために必須の能力にもなります。

この「学び」においては、一人で学び続けることが難しく、多くの障壁があります。私たちスクーはその障壁を取り除き、すべての人が学び続けられる世界をつくりたいという想いから、「世の中から卒業をなくす」というミッションを掲げています。そのために私たちは、「個」としても「組織」としても「最高の学び」にチャレンジし、発明し続ける存在であるべきだと考えています。

この度、スクーでは社内の「学びの変革」に取り組む決意をし、その先導者として私がCLOに就任しました。その変革のプロセスで得た知見をプロダクト・コンテンツ・サービスにも反映することで、事業を通じて世の中の学びを進化させ、学びを通じた社会変革をより一層実現していきます。

▶︎古瀬CLOインタビューはこちらから:

「日本企業に学び合いの文化を。人材育成に特化したCLOの目指す自発的学習組織づくり」

https://note.com/schoo/n/n58267310d9ac