2020.12.25

調査リリース:コロナ禍での『大人の学び』に関するアンケート

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email
スライド1

調査リリース:コロナ禍での『大人の学び』に関するアンケート 若年層ほど「自由時間・学ぶ時間が増えた」と回答。大人の教育のデジタルシフト進む

社会人向けオンライン学習サービス『Schoo』を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎、以下:当社)は、オンライン学習経験者206名に聞いた、コロナ禍での大人の学びと意識の変化についてのアンケートを実施しましたので調査レポートとして発表いたします。

調査結果のサマリー

  1. 「コロナ禍になり、自由時間が増えた」と回答したのは約60%で、若年層ほどこの傾向が高かった
  2. 「コロナ禍になり、学ぶ時間が増えた」と回答したのは約65%で、若年層ほどこの傾向が高かった。
  3. 「コロナ禍になり、オンライン学習の抵抗感が減った」と回答したのは約63%、「コロナ禍になり、オンライン学習を利用したいという気持ちが高まった」と回答したのは約60%だった。若年層にこの傾向が高く、若年層を中心に大人の教育のデジタルシフトが進んでいる、と当社は推察する。

 

調査結果の概要

1.「コロナ禍になり、自由時間が増えた」との質問に対し、回答者206名の57.7%が「増えた・やや増えた」と回答しました。年齢別で見ると、最も「時間が増えた」と思っているのは20〜29歳で、40歳以上の回答者は「時間が増えていない」と思っている方が多い結果になり、年代によって可処分時間に対する意識の変化が明らかになりました。当社としては、コロナ禍で在宅勤務に移行したと思われる人が、リモートワークによるマネジメントの複雑さやテキストコミュニケーションの増加により、今まで以上に業務時間が増加したり、子育て世代の在宅勤務と育児との両立が難しかったりといったことが要因の一つと推察しています。

2.「コロナ禍になり、学ぶ時間が増えた」との質問に対し、回答者206名の65.1%が「増えた・やや増えた」と回答しました。年齢別で見ると、結果1と同様、20〜29歳が最も「学ぶ時間が増えた」と思っており、年齢が高くなるにつれて減少傾向となりました。

3.「コロナ禍になり、オンライン学習サービスへの抵抗感は減った」との質問に対し、回答者206名の63.1%が「減った・やや減った」と回答。また、「コロナ禍になり、オンライン学習サービスを利用したいという気持ちが高まった」との質問に対し、回答者206名の60.2%が「高まった・やや高まった」と回答しました。特に若年層に「オンライン学習を利用したい」との回答が多く、若年層を中心に大人の教育のデジタルシフトが進んでいると考えます。

調査の概要

調査名              コロナ禍での大人の学びと意識の変化に関するアンケート調査
調査対象期間     2020年11月
調査方法           Webアンケート調査(インテージ調査)
調査対象           全国20代〜50代の男女でオンライン学習経験者206名

株式会社Schooについて

設 立:2011年10月3日 資本金:8億1300万円(資本準備金含む) 

代表取締役社長CEO:森 健志郎

本 社:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階

事業内容:大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』の運営

URL:コーポレートサイトhttp://corp.schoo.jp/   個人向けサイトhttps://schoo.jp/

   法人向けサイトhttps://schoo.jp/biz      オウンドメディアhttps://pencil.schoo.jp

 

大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』を運営。2012年のサービス開始後、生放送授業を毎日無料提供。授業ジャンルは、すぐに使えるビジネススキル・プログラミング・経済・デザイン・思考法・文章術や働き方・お金・健康まで幅広く制作。過去の放送は録画授業とし約6,500本公開中。生放送は無料、録画授業は見放題プラン「プレミアムサービス(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)」がある。会員数は約53万人を突破(2020年10月末時点)。ビジネスプラン導入企業は累計約1,500社(2020年10月末時点)。「世の中から卒業をなくす」をミッションに掲げ、オンラインで学校を再発明すべく地方自治体や大学・教育機関との連携を強めている。

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社Schoo 広報担当 永瀬

携帯電話:070-1264-3382 代表電話:03-6455-1680 FAX:03-6731-9497  E-mail:pr@schoo.jp

■本プレスリリースのPDFデータはこちら2020.12 調査リリース