2020.10.16

Schooと近畿大学がアドバイザリー契約締結

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

Schooと近畿大学がアドバイザリー契約締結

近畿大学のデジタルトランスフォーメーション推進をSchooが支援

社会人向けオンライン生放送学習サービス『Schoo』を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎、以下:スクー)と近畿大学(所在地:大阪府東大阪市、学長:細井 美彦)はアドバイザリー契約を締結し、近畿大学内のデジタルトランスフォーメーション(以下:DX)推進をスクーが専門アドバイザーとして支援してまいります。

DXとは、データとテクノロジーを活用して、サービスやビジネスモデル、業務そのものや、組織、プロセスなどを変革し、競争優位性を確立することです。具体的には、スクーが約9年間積み上げてきた「オンラインでの教育・学習事業運営知見」「オンラインでの学習体験設計」「安定したライブ配信技術」を活かし、 (1)教室のスタジオ化のための機材の選定や準備に関するアドバイス、(2)オンライン講義配信ツール・DXツールの選定における情報提供及びアドバイス、(3)学内全体のDX推進に関わる管理体制の構築と運営へのアドバイス等を行います。近畿大学通信教育部でオンライン化を主導し、来年4月までに教養科目のうち20科目程度を作成、その後、外国語科目や専門科目についてもオンデマンド化を検討していく計画です。

Schooと近畿大学の取り組みの背景

スクーと近畿大学は2015年以降、通信教育部においてタイアップ授業の制作・配信や、学生によるスクープラットフォームの利用などで連携してまいりました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国的に教育機関のオンライン化が急務と認識され始めた3月頃、スクーから近畿大学へ改めてDX支援の提案をいたしました。

スクーは日本において「ライブ配信学習」×「大学教育」のパイオニア的存在です。配信プラットフォームの提供だけでなく、学習コンテンツの企画者・ライブ配信技術者が多数在籍しており、2014年以降、近畿大学以外に14大学とも提携*し、大学教育におけるオンライン活用について様々な実証実験を行ってまいりました。

*東京大学、法政大学、関西学院大学、東海大学、中央大学、京都造形芸術大学、京都工芸繊維大学、聖学院大学、早稲田大学、熊本学園大学、八洲学園大学、東京未来大学、國學院大学、福岡大学。参照:未来の日本をつくる取り組み http://corp.schoo.jp/creation/

スクーの今後の事業展開

スクーでは、本DX推進アドバイザリー契約を皮切りに、『高等教育機関・社会人教育事業者へのDX支援事業』を本格的に開始します。専用プロダクト・ソリューションも開発中で、大学・専門学校・社会人教育事業者を中心に順次提供していく予定です。

近畿大学の今後について

近畿大学は、今後の高等教育機関の未来について「専門科目における知識の集積はオンライン授業で行い、教室ではディスカッションが中心となる。教養科目などは、大教室に大人数が集まって授業を受けるスタイルはなくなり、各々が自宅等でオンライン授業を受けることが主流になる。」と考えています。通信や通学の垣根を超えた教育の提供と、密を避けるための学習環境が必須と捉え、今後の時代に適応し、デジタルトランスフォーメーションの推進を進めてまいります。

今回の取り組みに関するコメント

●近畿大学 通信教育部長 世耕 石弘(せこう・いしひろ)

スクーは社会のニーズに応える実学コンテンツを提供されています。これまで数多くのコンテンツ作成を手がけてこられた経験、多くの会員の意見をもとに培われてきたコンテンツ改善等の知見を活かし、大学の授業の質を「担保する」のではなく「より高める」アドバイスが期待できると考えています。

 

●株式会社Schoo 代表取締役社長CEO 森 健志郎(もり・けんしろう)

常に先進的な取り組みを推進している近畿大学と、様々な挑戦をご一緒できることを大変嬉しく思います。近畿大学との取り組みは、同大学のためだけではなく、「これからの大学の在り方」を探って確立していく、日本全体のために必要な取り組みです。我々の知見を最大限に活用し、未来の日本をつくる取り組みを推進していければと考えています。

 

株式会社Schooについて

設 立:2011年10月3日 資本金:8億1300万円(資本準備金含む) 

代表取締役社長CEO:森 健志郎

本 社:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階

事業内容:大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』の運営

URL:コーポレートサイトhttp://corp.schoo.jp/   個人向けサイトhttps://schoo.jp/

   法人向けサイトhttps://schoo.jp/biz      オウンドメディアhttps://pencil.schoo.jp

 

大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』を運営。2012年のサービス開始後、生放送授業を毎日無料提供。授業ジャンルは、すぐに使えるビジネススキル・プログラミング・経済・デザイン・思考法・文章術や働き方・お金・健康まで幅広く制作。過去の放送は録画授業とし約6,500本公開中。生放送は無料、録画授業は見放題プラン「プレミアムサービス(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)」がある。会員数は約51万人を突破(2020年9月末時点)。ビジネスプラン導入企業は累計約1,500社(2020年9月末時点)。「世の中から卒業をなくす」をミッションに掲げ、オンラインで学校を再発明すべく地方自治体や大学・教育機関との連携を強めている。

学校法人 近畿大学について

学校名 :近畿大学
学長  :細井 美彦
設立  :1925年
所在地 :大阪府東大阪市小若江3丁目4番1号
事業内容:大学院・大学・短期大学及び、高専、専門学校 高校、中学校、小学校、幼稚園、病院の運営、附属農場、水産研究所 等
URL  :https://www.kindai.ac.jp/

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社Schoo 広報担当 永瀬

携帯電話:070-1264-3382 代表電話:03-6455-1680 FAX:03-6731-9497  E-mail:pr@schoo.jp

■本プレスリリースのPDFデータはこちら2020.10.16 近畿大学SchooDX