2020.5.18

アフターコロナの働き方 「ハイブリッドワークモデル」確立に向け始動

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

アフターコロナの働き方

「ハイブリッドワークモデル」確立に向け始動

第一弾としてインターネット通信料の補助や机・椅子などの補助

株式会社Schooは、アフターコロナの働き方となる「ハイブリッドワークモデル」の確立に向け動き出しました。

今後当社はリモート(自宅やカフェなど)でもオフィス(その他ワークスペースなど)でも働けるハイブリッド型を目指します。そのためにはただ単に働く場所を選べるというだけではなく、スタッフ全員が安全かつ笑顔で働くことができ、クリエイティブに活躍できる仕組みや制度を改定・整備し、当社独自のワークスタイルを確立していきます。

<ハイブリッドワークモデル確立に向けて整備する項目(一例)

リモートワーク補助 / 評価体系 / マネジメントモデル / 災害時対策 / 不必要な経費削減  /
コミュニケーション設計 / 採用人材の定義一新 / オフィスの再定義と改修

現時点で実施中のものは「リモートワーク補助」で、全スタッフ(正社員・業務委託社員・契約社員)を対象に(1) 光熱費やインターネット通信料、在宅勤務をするために必要不可欠で個人負担していた経費の補助、(2) 机・椅子・環境整備品の補助 を行っております。

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当社は3月30(月)より在宅勤務を開始、入社式や新入社員研修もオンライン化*し、『Schoo』の全放送も完全遠隔化**してまいりました。緊急事態宣言が解除され、行動制限が緩和された場合でも、再度感染拡大の危険性や、別のウイルス感染発生のリスクがあることには変わりません。「コロナ前」の世界には戻れることはなく、当社は「ウィズコロナ」「アフターコロナ」の世界を見据えて、持続的な事業経営を進めていく必要があると考えます。

 

当社は新型コロナウイルスの感染拡大による「学びの機会が奪われていく状況」を乗り越えるため、これまで100を超える大学や企業のサポートを進めてまいりました***。今後も当社のミッションである「世の中から卒業をなくす」べく、全ての人が学び続けられる世界の実現に向け取り組んでまいります。

 

*参照:オンライン入社式を4月1日に開催  
**参照:新型コロナウィルスの感染拡大及び緊急事態宣言発令に伴う全放送の完全遠隔化のお知らせ
***参照:研修・イベントのオンライン化をご支援した企業・団体さま一覧

新型コロナウイルスに対する当社の取り組み

2020年2月27日(木)発表 「オンライン研修・イベントお悩み無料相談窓口」を設置
http://corp.schoo.jp/2020/02/0227_press/

2020年3月18日(水)発表 「大学授業のオンライン化 お悩み無料相談窓口」を設置
http://corp.schoo.jp/2020/03/0318_press/

2020年4月1日(水)発表 オンライン研修の課題「グループワークができない」の解決に近づく 『オンライン集合学習(β版)』機能 4月1日から『スクー』ビジネスプランで開始
http://corp.schoo.jp/2020/04/0401_press/

株式会社Schoo 会社概要

設 立:2011年10月3日 資本金:8億1300万円(資本準備金含む) 

代表取締役社長CEO:森 健志郎

本 社:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階

事業内容:大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』の運営

URL:コーポレートサイトhttp://corp.schoo.jp/   個人向けサイトhttps://schoo.jp/

   法人向けサイトhttps://schoo.jp/biz      オウンドメディアhttps://pencil.schoo.jp

社会人向けオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』を運営。2012年のサービス開始後、生放送授業を毎日無料提供。授業ジャンルは、すぐに使えるビジネススキル・プログラミング・経済・デザイン・思考法・文章術や働き方・お金・健康まで幅広く制作。過去の放送は録画授業とし約5,000本公開中。生放送は無料、録画授業は見放題プラン「プレミアムサービス(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)」がある。個人会員数は46万人を突破(2020年4月末時点)。ビジネスプラン導入企業は累計1,200社(2020年4月末時点)。「世の中から卒業をなくす」をミッションに掲げ、オンラインで学校を再発明すべく地方自治体や大学・教育機関との連携を強めている。 

 

 

■広報窓口

株式会社Schoo イノベーション推進室 広報担当 永瀬

携帯電話:070-1264-3382 代表電話:03-6455-1680 FAX:03-6731-9497  E-mail:pr@schoo.jp