2020.3.24

北海道釧路市ビジネスサポートセンターk-Bizが中小企業支援オンラインセミナーを『Schoo』で生配信

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

北海道釧路市ビジネスサポートセンターk-Bizが中小企業支援オンラインセミナーを『Schoo』で生配信

3月19日に東京・渋谷から配信、釧路の約50人が受講

第一線で活躍する経営者から飲食店の働き方改革について「学ぶ」

オンライン生放送学習プラットフォーム『Schoo(スクー)』を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎、以下:スクー)は、北海道釧路市の中小企業向け無料相談所である釧路市ビジネスサポートセンターk-Biz(所在地:北海道釧路市、センター長:澄川 誠治、以下:k-Biz)が実施するオンラインセミナー「中村朱美氏スペシャルセミナー『残業のない飲食店「佰食屋」に学ぶ、みんなが幸せになる佰食屋の働き方改革』」をスクー渋谷スタジオから釧路に向けて、3月19日(木)10:30より生配信しました。参加者は釧路市、釧路管内の事業者で、約50人が受講しました。

本来は釧路市内でリアルイベントとして実施予定でしたが、今般の新型コロナウイルス感染拡大、及び2月28日に北海道で出された緊急事態宣言を受け、場所の制約なく「学び」の機会を提供できるオンラインに切り替えることになりました。スクーでは、2月27日より「オンライン研修・イベント お悩み無料相談窓口*」を設置しており、k-Bizから以下の課題をヒアリングしていました。

 

<オンライン配信を検討したときに生まれる課題>

・50 人以上の規模でオンラインを自前で配信する際、通信や音声トラブルが発生した際のリスクが高い

・サーバーの拡張、カメラやマイク、安定した通信環境などの用意にコストがかかる

・申込制セミナーの場合、受講者の出欠確認が困難(匿名可能なシステムが多い)

 

『Schoo』の既存のプラットフォームを利用することによって全て解決できることに合わせて、スクーのミッションである「世の中から卒業をなくす」、つまりすべての人が学び続けられる世界の実現に共感していただき、『Schoo』での配信が決まりました。

受講生側の画面。チャットで質問ができ、講師とも会話できる

<受講生のコメント>
「会場で受けるリアルセミナーと違和感なく聴けた」
「リアルだったら行けなかったが、オンラインだから参加しようと決めた」
「今このタイミングで、第一線で活躍する経営者の生の話を聞けて勉強になった」

 

スクーは、「学び」とは日常生活や人生に寄り添っているものだと捉えています。「学びを提供したい」という企業・団体さまと共同でインターネットでの「学び」を提供し続けていくことは、個人のみならず企業、ひいては日本経済の底上げに寄与します。今後もスクーは、すべての人に学びやすい機会と環境を提供し、日本企業の成長に寄与してまいります。

*プレスリリース参照「オンライン研修・イベントお悩み無料相談窓口」を設置しました

実施概要

テーマ:「中村朱美氏スペシャルセミナー『残業のない飲食店「佰食屋」に学ぶ、みんなが幸せになる佰食屋の働き方改革』」

講 師:中村 朱美(なかむらあけみ)氏 株式会社minitts代表取締役/佰食屋オーナー

主 催:釧路市ビジネスサポートセンターk-Biz

放 送:株式会社Schoo

受講料:無料

視聴者:釧路市、釧路管内の事業者約50名

実施日時:2020年3月19日(木)10:30〜12:00

釧路市ビジネスサポートセンター k-Bizについて

施設名:釧路市ビジネスサポートセンター k-Biz
URL:https://www.kushiro-biz.net/
設立:2018年8月21日
代表者:センター長 澄川 誠治
所在地:〒085-0015 釧路市北大通4丁目1-1 北大通4丁目ビル2F
営業時間:火~土(祝日・年末年始除く) 9 時~17 時
事業内容:無料の産業支援相談所

「富士市産業支援センターf-Biz」をモデルに、2017年 8 月に釧路市、経済団体、金融機関の10 団体で構成する釧路市ビジネスサポート協議会を設立、センター長公募を経て、翌 2018年8月に北海道・東北エリアで初となる当センターをオープン。地域経済のプラス成長と雇用の創出を図るため、企業の「稼ぐ力」の強化に取り組んでいる。

株式会社Schoo 会社概要

設 立:2011年10月3日 資本金:8億1300万円(資本準備金含む) 

代表取締役社長CEO:森 健志郎

本 社:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階

事業内容:大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』の運営

U R L:コーポレートサイトhttp://corp.schoo.jp/   個人向けサイトhttps://schoo.jp/

   法人向けサイトhttps://schoo.jp/biz      オウンドメディアhttps://pencil.schoo.jp

大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』を運営。2012年のサービス開始後、生放送授業を毎日無料提供。授業ジャンルは、すぐに使えるビジネススキル・プログラミング・経済・デザイン・思考法・文章術や働き方・お金・健康まで幅広く制作。過去の放送は録画授業とし約4,700本公開中。生放送は無料、録画授業は見放題プラン「新プレミアムサービス(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)」がある。個人会員数は40万人を突破(2019年12月末時点)。ビジネスプラン導入企業は累計1,000社(2020年1月末時点)。「世の中から卒業をなくす」をミッションに掲げ、オンラインで学校を再発明すべく地方自治体や大学・教育機関との連携を強めている。

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社Schoo イノベーション推進室 広報担当 永瀬

携帯電話:070-1264-3382 代表電話:03-6455-1680 FAX:03-6731-9497  E-mail:pr@schoo.jp

■本プレスリリースのPDFデータはこちら 2020.03.24_0319k-Biz