2020.3.18

「大学授業のオンライン化 お悩み無料相談窓口」を設置

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

「大学授業のオンライン化 お悩み無料相談窓口」を設置

オンライン学習・ライブ配信学習×大学教育で8年以上の実証実験ノウハウや、海外含む他社サービスの活用も案内し「学びを止めない支援」を提供

オンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎、以下:当社)は、本日2020年3月18日(水)から、大学授業のオンライン化に関する相談窓口を設置しました。問い合わせはメールで受け付けており、期限は設けません。当社サービスでの取り組みに限定せず、「海外含む他社サービスの活用」「過去積み上げてきたノウハウの全開示」も含めて行います。大学のみなさまがスムーズにオンライン化できるよう、そして学生のみなさまが大学生活を止めざるを得ないことのないよう、全力で支援してまいります。

大学の昨今の動向

新型コロナウイルスの感染拡大を鑑みて、アメリカの大学のいくつかが授業をオンライン化すると発表しました。国内ではまだ数校に止まります。この自粛トレンドがいつまで続くかの予測も困難であり、自粛要請が解除されるとしても、4月から新学期がはじまることを踏まえ、リスク最小化のために当面オンラインで実施することを選択する教育機関も多数出てくると考えます。実際当社にも、いくつかの大学から授業のオンライン化についての相談をいただいています。

当社にできること・想い

当社はミッションに「世の中から卒業をなくす」、ビジョンに「インターネット学習で人類を変革する」を掲げています。当社は2015年に10大学との提携*を発表して以降、大学教育におけるオンライン活用について様々な実証実験を行いました。

●大学授業の双方向型オンライン配信**

●大学内での弊社5,000講座活用***

●反転学習などのリアルとオンライン融合実験****

当社が8年間積み上げてきた「オンラインでの学習体験設計」「安定したライブ配信技術」を、大学に役立てられるよう模索してまいりました。日本において当社は「オンライン学習・ライブ配信学習」×「大学教育」の知見が一定以上ある数少ない会社の1つです。配信プラットフォームだけでなく、当社はオンライン学習コンテンツの企画者・ライブ配信技術者も多数存在するため、様々なご相談もすぐにお答えできる体制が整っています。

今後も当社はすべての人が学び続けられる世界の実現、つまり、すべての人の卒業をなくすべく「学び」の障壁となるものに立ち向かってまいります。

当社代表取締役社長 森 健志郎のコメント

「欧米の大学は4月からのオンライン実施を決めたようです。しかし、日本はまだ決めかねている大学が多く、その背景には『インターネット後進国』としての日本があります。もともと国土広くオンライン配信を実施し、大学教授もweb会議を行なってきた欧米と違い、日本の大学には、単独で授業のオンライン化を品質高く実施することが難しい状況と推察します。 春休みを終えて、4月より学びを再開する予定の大学生たちが、新型コロナウイルスによって学びを止めてしまうことは当社のミッションである『世の中から卒業をなくす』に大きく反する社会事象です。当社としてできることがあれば早急に全力でさせていただきます。」

「大学授業のオンライン化 お悩み無料相談窓口」詳細

〔受付方法・時間〕メール( info@schoo.jp )にて24時間受付
〔開設期間〕2020年3月18日(水)〜 期限なし
〔料  金〕無料
〔窓口担当〕イノベーション推進室 二宮 宛
〔ご相談例〕
・オンラインで授業を開講したいものの、何から手をつけてよいかわからない
・どのようなツールが活用できるのか調べたいが時間がない
・インターネット回線、配信機器など十分な品質について決めかねている
・高齢の教授も多く、自分たちだけでオンライン配信を行えるかが不安
・オンラインで受講する学生の集中力を保つための工夫を知りたい
・他校の状況を知り、判断の材料としたい

代表者プロフィール

代表取締役社長 森 健志郎(もり けんしろう)
1986年大阪生まれ。2009年近畿大学経営学部卒業。2009年4月、株式会社リクルート・株式会社リクルートメディアコミュニケーションズで、SUUMOを中心とした住宅領域の広告営業・企画制作に従事。2011年10月、自身24歳時に同社を設立し代表取締役に就任。2020年、新設予定の情報経営イノベーション専門職大学にて客員教員就任予定。

(参考資料・引用)
*Schoo×全国13大学の授業 https://schoo.jp/campaign/2015/univ_2015
*プレスリリース参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000006391.html オンライン動画学習サービス「schoo(スクー)」が新たに全国4大学と連携 – 國學院大學や東京未来大学などの全31授業がオンライン上で無料開講
**近畿大学との授業 https://schoo.jp/class/5781
**Schoo×京都造形芸術大学の授業 https://schoo.jp/campaign/2016/kyoto-art
***神戸情報大学院大学での講座活用 https://schoo.jp/biz/casestudy/4 その他他校実績あり
****東海大学での反転授業 https://tomita.me/infographic-presentation-2016/
****反転授業とは、従来の学習方法をその名の通り「反転」させた学習方法のこと。「授業」で知識を習得し、「宿題」で知識を得る従来の方法ではなく、授業に先立って授業動画を見て知識を習得し、得た知識をもとに授業でディスカッションやワークを実施して定着を促す学習方法を指す。

株式会社Schoo 会社概要​

設 立:2011年10月3日 資本金:8億1300万円(資本準備金含む) 

代表取締役社長CEO:森 健志郎

本 社:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階

事業内容:大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』の運営

U R L:コーポレートサイトhttp://corp.schoo.jp/   個人向けサイトhttps://schoo.jp/

   法人向けサイトhttps://schoo.jp/biz      オウンドメディアhttps://pencil.schoo.jp

大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』を運営。2012年のサービス開始後、生放送授業を毎日無料提供。授業ジャンルは、すぐに使えるビジネススキル・プログラミング・経済・デザイン・思考法・文章術や働き方・お金・健康まで幅広く制作。過去の放送は録画授業とし約4,700本公開中。生放送は無料、録画授業は見放題プラン「新プレミアムサービス(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)」がある。個人会員数は40万人を突破(2019年12月末時点)。ビジネスプラン導入企業は累計1,000社(2020年1月末時点)。「世の中から卒業をなくす」をミッションに掲げ、オンラインで学校を再発明すべく地方自治体や大学・教育機関との連携を強めている。

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社Schoo イノベーション推進室 広報担当 永瀬

携帯電話:070-1264-3382 代表電話:03-6455-1680 FAX:03-6731-9497  E-mail:pr@schoo.jp

■本プレスリリースのPDFデータはこちら 2020.03.18 大学オンライン化